中古車といえども事故を意識して保険加入する

一番悩ましいのは、自分の車両保障

この中古車を大切に長期乗りたい方は加入

自分としてはあまり考えなかったことですが、古い車に価値を置いて長く大切に乗りたい方っていらっしゃいますよね。
クラッシック系の車が好き、同じ会社でも昔のデザインが好きなどという方は、中古車を購入する機会もあると思います。

そのような方であれば、車両保障に関しては加入するべきでしょうし、補償内容に関しても十分に吟味するべきだと思います。
車両保障は、保険代理店は勿論ですが、保険ダイレクト販売でも非常に高い保険料に設定されています。
しかも、車両保障だけでも数タイプに分かれている為、自分がこの車とどのように付き合っていきたいのかをはっきりとして、保険内容を検討してみてはいかがでしょう。
古くなればそれだけでも故障する可能性が高くなるので、加入する補償内容でどこまで修理等を網羅できるのか、よく調べてみてください。

車はこだわりない方は車両保険加入要検討

中古車購入の最大の魅力は安い事で、極端な話、走ればそれでよいという方、車両保障については加入事態を十分に考えるべきです。

保険自体、もしもの事故に対しての備えであるとしたら、車両の修理等を保障する内容については当然ある事なので、保険料が高くなりますし、車種や走行距離や車両の製造年代によっても、車両保所の上限額が決まってきます。
それで、車両保障を付けると大体の保険料はほぼ倍額に跳ね上がります。
しかも、中古車であれば車の価値そのものが低下している為、補償内容も修理代全額とはいかない可能性が多くあります。
かといって、全く加入の価値はないのか?と言われると、不意の事故での修理代は生活を圧迫させる可能性も十分あります。
免責額等(自己負担する金額)を設定し、安くできる場合もある為、十分検討の余地はあると思います。


みんなにシェア

B!